1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. 検査・診断・治療:【疾患編】濾胞性リンパ腫(FL)

検査・診断・治療濾胞性リンパ腫(FL)

監修:
独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター 臨床研究センター長
永井 宏和(ながい ひろかず)先生

濾胞性ろほうせいリンパ腫は、血液のがんの一種であり、FLエフエルという略称で呼ぶこともあります。
リンパ腫のなかでもゆっくりと進行する(年単位で進む)低悪性度ていあくせいどリンパ腫の代表です。FLの患者さんは悪性リンパ腫のなかで比較的頻度が高く、近年増えつつあります。男女比では、やや女性に多い傾向があります。
FLは自覚症状に乏しく、気づかないうちに病気が進行していきますが、近年は新しい治療薬により経過が良くなってきています。治療をすぐに開始しないケースもありますが、その場合も慎重に様子をみることが必要なので、主治医とよく相談しながら治療を進めていきましょう。

高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。