1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. リンパ腫を知る:リンパ腫と診断されたら

リンパ腫を知るリンパ腫と診断されたら

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院 名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

リンパ腫は、「血液のがん」のひとつです。かつては「血液のがん」というと、治療がむずかしく「治らない病気」といわれてきました。しかし、リンパ腫の治療法は、日々進歩しています。今ではたくさんの患者さんが、病気をコントロールしながら仕事を続けたり、学校に通ったり、病気になる前と同じように過ごすことができるようになってきました。

まずはリンパ腫がどのような病気であるかを知り、どのような治療法があるのかを知ることで、これから病気と向き合っていく準備をしていきましょう。

リンパ腫といわれたら

先生からのメッセージ

リンパ腫と診断された、あるいはリンパ腫の疑いがあるといわれたら、誰もがその病名に戸惑い、「血液のがん」と聞いて大きなショックを受けるはずです。ひどく落ち込んで頭が真っ白になり、何をいわれても頭に入ってこないという状態になるかもしれません。また、「自分がリンパ腫であるはずがない」「何かの間違いだ」と、信じられない、認めたくないといった気持ちになるでしょう。

自分がリンパ腫であることを受け入れるには、少し時間がかかるかもしれません。しかし、リンパ腫といわれた後に続くショックや動揺は、多くの場合、時間とともに少しずつ落ち着いてきます。ひとりで抱え込まずに、家族や親しい友人など、あなたにとって大切な方に辛い気持ちや不安を打ち明けることが、今の辛い気持ちを乗り越えるきっかけになるでしょう。病気との向き合い方は、人それぞれです。あなたにあった方法で病気と向き合えるよう、主治医をはじめ多くの医療スタッフ、またご家族や友人があなたをサポートしてくれるはずです。

公益財団法人慈愛会
今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與先生

宇都宮 與先生
高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。