1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. 仕事・治療費・暮らし:【治療費】モデル例で計算してみましょう:医療費控除の計算例

検査・診断・治療

モデル例で計算してみましょう

医療費控除の計算例

監修:
公認会計士・税理士
渡部 致廣(わたなべ ちこう)

医療費控除の計算は次の計算式で行うことができます。また、200万円が限度になります。
「実際に支払った医療費等の合計額」-(1)-(2)
  • (1)生命保険などから支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費など
  • (2)10万円*1

*1 その年の総所得金額等が200万円未満の人の場合は、総所得金額等の5%の金額

モデル例

Aさんは悪性リンパ腫がみつかり、入院・通院を行いました。治療にかかった費用と医療費控除によって還付された額について確認します。

Aさん 年収450万、医療費控除前の所得税+住民税は約30万円

医療費

・医療費1

1ヵ月の入院にかかる自己負担額
入院治療費 20万円
食事療養費 4万円
差額ベッド代 6万円
高額療養費制度の適応により差額ベッド代以外の
自己負担額は8万5000円・・・【A】

高額療養費制度についての説明はこちら

・医療費2

3ヵ月の通院にかかる自己負担額
診療・お薬代 10万円
通院費 2万円
自己負担額は12万円・・・【B】

医療費控除額*2

医療費合計
(85,000円【A】+120,000円【B】)−100,000円=105,000円

*2 医療費控除額=実際の還付額ではありません。

実際の還付額

所得税
医療費控除額×所得税率=実際の還付額

所得税率についての説明はこちら(国税庁のHPより)

課税所得が100万円とすると所得税率は5%です。
医療費控除額105,000円×所得税率5%=5,250円

したがって、医療費控除の申告により、所得税は5,250円還付されます。

住民税
住民税は所得にかかわらず一律10%の課税率です。
医療費控除額105,000円×住民税率10%=10,500円

還付額の合計
所得税還付額5,250円+住民税の還付額10,500円=15,750円
合わせると15,750円の税金を減らすことができます。

参考文献
税務研究会 編. 医療費控除のすべてがわかる本 税務研究会出版局 2018
国税庁ホームページ: No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)

高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。