1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. 副作用ケア:皮膚にぶつぶつや赤みができた-皮膚障害-

検査・診断・治療皮膚にぶつぶつや赤みができた-皮膚障害-

鹿児島大学病院
血液・膠原病内科 教授
石塚 賢治(いしつか けんじ)先生

リンパ腫の治療中に抗がん剤による皮膚や爪のトラブルがあらわれることがあります。これは治療期間を通して多くの患者さんにみられますが、治療終了後は徐々に回復していきます。
皮膚障害には、痛みやかゆみを伴うことが多く、身体的につらいのはもちろんのこと、見た目の変化から心の負担を感じることもあると思います。
早めに対処することで、症状をうまくコントロールすることもできますので、医療スタッフと相談しながら、必要なケアを取り入れていきましょう。
日常的なお肌のお手入れ(スキンケア)で皮膚の防御(バリア)機能が良好な状態を維持することができます。スキンケア法や日常使っているものを見直して、皮膚や爪の症状が悪化しないように意識しながら実践してみましょう。

こんな症状があらわれます

  • 皮膚にぶつぶつができる
  • 皮膚が赤みを帯びる
  • 手や足だけ赤くなる
  • 爪の色が黒くなる
  • 爪の周りが腫れて痛みがある
  • 皮膚が乾燥してかゆくなる
  • 手足がむずむずして痛がゆい
  • 手のひらや足底に水ぶくれができた
  • 色素が沈着する など

皮膚障害は症状によってあらわれる時期が異なります。ぶつぶつなどは治療を始めて1~2週間ほどでみられることが多いです。皮膚の乾燥は5週間ほど、爪の症状は8週間前後にみられますが、症状のあらわれ方には個人差があります。
抗がん剤によっては効果と皮膚障害のあらわれ方に関係があり、お薬が効きやすい患者さんに皮膚の症状がでやすい場合もあります。皮膚障害と付き合いながら、少しでも快適に過ごすために基本的なスキンケアなどを取り入れてみましょう。

がん治療を専門とするメディカルスタッフからのアドバイス

リンパ腫治療中に起こる皮膚障害の大半はゆっくり経過するもので、あまり心配はいりません。しかしごくごく稀ですが「スティーブンス・ジョンソン症候群」といって、生命にかかわることも起こりうる状態が発生することがあります。高熱、目の充血、まぶたのはれ、目が開けづらい、くちびるや陰部のただれ、排尿・ 排便時の痛み、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなるというような状況が見られたときには、放置せず直ぐに医師、薬剤師、看護師にご相談ください。

皮膚障害の原因

抗がん剤を使った化学療法や放射線治療によって、皮膚や爪の新陳代謝に働く細胞がダメージを受けることが主な原因です。また、抗がん剤の影響で皮脂腺や汗腺の分泌量が低下するため乾燥しやすくなり、外部の刺激や細菌への防護も弱くなります。さらに色素沈着はメラノサイトという色素細胞が刺激されて増えてしまうことが主な原因と言われています。

スキンケアのポイント

皮膚障害を悪化させないために基本的なスキンケア方法のポイントをご紹介します。普段からスキンケアの習慣がない方は、医師や看護師などに相談し、やりやすいことからやってみましょう。

ポイント① 清潔にする(保清)

1日1回は身体を洗うようにしましょう。浴槽につかれないときは、シャワーだけでもかまいませんが、熱いお湯(40度以上)は避けてください。身体を洗うときは、刺激の少ない弱酸性の洗浄剤を選び、よく泡立てて使ってください。ナイロン製タオルでゴシゴシ洗わず、泡で汚れを包み込んで落とすイメージで洗い落とすとよいでしょう。
リンパ腫の治療中は免疫力が低下しており、特に足の爪は細菌が繁殖しやすいところなので、1本ずつ丁寧に洗いましょう。

ポイント② 保湿する

十分な量の保湿薬や市販の保湿クリームなどをこまめにつけて、肌が乾燥しないようにしましょう。シャワーや入浴、手洗いや水仕事のあとも保湿を心掛けてください。寝る前に十分量の保湿薬をつけ、手袋や靴下をして寝るとよいでしょう。
電気毛布やこたつなどは、肌に直接触れて暖を取ることができますが、同時に乾燥を助長します。使用する際には乾燥に気をつけましょう。
また、室内の湿度にも注意して、加湿器などを活用して乾燥しないように気をつけてください。

がん治療を専門とするメディカルスタッフからのアドバイス

保清と保湿は一連の流れで実践するとよいでしょう。例えば入浴の際は、皮脂を守るためにぬるめのお湯を使い、石けん成分は残らないように洗い流し、入浴後はこすらずに優しくおさえるように水気を拭き取ります。その後、すぐに(できれば5~10分以内に)保湿薬を塗ります。どの保湿薬をどのように使うかは医師、薬剤師の指示に従ってください。ヘパリン類似物質製剤(軟膏、クリーム、ローション)がよく処方されます。1日2~3回塗って症状が出る前に予防的に使用するとよいでしょう。

ポイント③ 外的刺激から保護する

・紫外線の刺激
外出時は日焼け止めクリームや日傘、帽子(つばの広いタイプ)を使って紫外線から防護してください。長袖の上着や手袋で肌の露出を最小限にしましょう。紫外線カットの効果が強い日焼け止めは肌に負担がかかるタイプもありますので、肌の状態に合わせて刺激の少ないタイプを選びましょう。

・摩擦などの刺激
皮膚を強くかきむしったりしないよう気をつけてください。靴は足に合った柔らかい素材のものを選び、締め付けるタイプの衣類や靴下は避けましょう。肌に直接触れるものは、綿素材など刺激が少なく、縫い目があたらないものを選んでください。皮膚や爪の症状によっては長時間歩いたり、立ち仕事をするのは控えます。また、男性のひげ剃りには、カミソリに比べて肌を傷つけにくい電気シェーバーを使うとよいでしょう。

ポイント④ 観察する

皮膚障害は症状によりあらわれる時期が異なります。個人差があるので、いつ、どのような症状が出やすいかを知るために、皮膚をよく観察することが大切です。早めに対処して、症状をコントロールしていくためにも日々のこまめな観察を心がけましょう。
また、リンパ腫のタイプによっては、リンパ腫そのものが皮膚にできることがあります。皮膚にできた場合には、皮膚が赤くなったりぶつぶつやしこりが出たりするなどの症状がみられますが、治療に伴う症状(副作用)と見分けがつかないことがほとんどです。原因がわからない皮膚の異常が続く場合には、医師に相談しましょう。

がん治療を専門とするメディカルスタッフからのアドバイス

ステロイド外用剤に対して、副作用が強いといった怖いイメージをお持ちの方がいらっしゃると思います。ステロイド外用剤は正しい使い方をすれば、皮膚障害の改善が得られるお薬です。いたずらに怖がらず、ステロイドの正しい知識を知り、医師、薬剤師と相談しながら上手に使用するようにしましょう。ステロイドの主な作用は「炎症を抑える」ことです。皮膚の赤みやぶつぶつ、かゆみなどの症状を鎮めます。
病院でもらった外用剤は、患者さんの症状に合わせて医師が処方したものですので、指示にしたがって、きちんと使用しましょう。
以下に、ステロイド外用剤を塗布する際のポイントをまとめましたので参考にしてください。
●顔や身体、手指を洗い、清潔な状態で塗布する
●ステロイド外用剤は、赤みやぶつぶつがあるところに、薄くのばす
●保湿剤を一緒に使う場合には、はじめに保湿剤、つぎにステロイド外用剤を塗布する

爪のケアも大切

爪に症状があらわれ、手足の感覚が鈍くなると、日常生活に支障をきたすようになります。特に足の爪の場合には転倒しやすくなるなど危険を伴うことがあります。
爪が弱くなっている場合は、爪切りではなく爪専用のやすりを用いる、締め付けない靴を選ぶなど工夫が必要です。また、爪のベースコートなどを用いると爪を保護することができますが、爪の状態(痛みがないなど)を確認しながら試すようにしてください。

皮膚トラブルの症状を軽くするための身体の洗い方など、基本的なスキンケア方法を紹介しました。洗い方は習慣や癖をちょっと意識するだけで肌への負担を抑えることができます。ここで紹介した方法を参考に、いつものケア方法を見直し、できることから取り入れてみましょう。スキンケアの習慣のない方は、まずは習慣にすることから始めます。リンパ腫の治療中に気になる皮膚や爪の変化がみられたら、自己判断せずに早めに医師、薬剤師、看護師にご相談ください。

高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。