1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. 検査・診断・治療:【疾患編】DLBCLの治療(移植など)

検査・診断・治療DLBCLの治療(移植など)

監修:
名古屋大学医学部附属病院 血液内科 講師
島田 和之(しまだ かずゆき)先生

自家造血幹細胞移植

DLBCLでは初発の場合は、自家造血幹細胞移植が用いられることはほとんどありません。初回治療がうまくいかなかったり再発した場合は、二次治療(救援化学療法)の後、さらに徹底してがん細胞を減らすために移植が検討されます。身体への負担が大きい治療法なので、患者さんの年齢や全身状態などを考慮して、移植を行うかどうかを決めます。

自家造血幹細胞移植の流れ

造血幹細胞とは、血液細胞のもとになる細胞です。自家造血幹細胞移植では、患者さん自身の造血幹細胞を採取して保存しておきます。大量の抗がん剤や放射線治療によってがん細胞を破壊(前処置ぜんしょちといいます)した後、保存しておいた造血幹細胞を移植して、血液細胞をつくれるようにします。移植した造血幹細胞が患者さんの骨髄の中で血液細胞をつくり始めることを生着せいちゃくといいます。

チーム医療のための血液がんの標準的化学療法(直江 知樹, 堀部 敬三 編), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2013 を参考に作成

自家造血幹細胞移植の治療期間は、前処置の方法や移植後の患者さんの状態などによって異なります。移植に使う幹細胞は、がん細胞を少しでも減らすための抗がん剤治療を行い、減った白血球数が増えるのを促す薬剤を投与してから約1週間後に採取します。移植の1週間〜10日ほど前から前処置を開始し、移植後は生着まで11日間程度、食事が摂れるようになり退院するまで約1ヵ月程度かかる場合が多いでしょう。

移植に伴う合併症

自家造血幹細胞移植では、前処置によって吐き気や脱毛などの副作用が生じる場合があります。また、骨髄抑制により白血球が減少し、感染症にかかりやすくなり、さらには重症化する可能性があります。このため、しっかりとした感染予防が必要で、患者さんは移植から生着まで無菌室で過ごします。

治療後の経過観察

治療効果が得られた場合も、再発する可能性は否定できないため、定期的な経過観察が必要です。

定期的な通院

経過観察のため定期的に通院し、リンパ節が腫れていないか、血液細胞の数に異常がみられたり、病気の進行度をあらわす検査値に異常がないか、治療後の副作用の状況はどうかなどを調べます。CTなどの画像検査を行うこともあります。

通院の間隔は決まっていませんが、病気の状態や患者さんの生活などから総合的に判断します。例えば、最初の5年は3〜6ヵ月ごと、その後は1年ごと、といったスケジュールで経過観察します。

注意すべき症状

経過観察中には、患者さん自身が体調の変化に気づくことが重要です。どのような症状があらわれたら受診すべきか、主治医に確認しておきましょう。例えばリンパ節で発症したDLBCLの場合、以下のような症状には注意しましょう。

  • リンパ節の腫れ(首、わきの下、足のつけ根など)
  • リンパ節・皮膚の下のしこり
  • お腹や背中の圧迫感
  • 原因不明の発熱、だるさがつづく
  • 吐き気、食欲不振
  • 原因不明の頭痛や意識がぼんやりする
  • 口が渇く、頻尿がつづく

DLBCLに関するウェブサイトはこちらをご覧ください。

高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。