1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. 検査・診断・治療:【基本編】検査・診断

検査・診断・治療検査・診断

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院 名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

リンパ腫が疑われる場合には、さまざまな検査を行います。まずは問診をして、どこのリンパ節に腫れがあるのか、どのような症状があるのかを確認し、血液検査を行います。このほか、腫れているリンパ節の細胞やしこりの一部を採取して調べたり、リンパ腫の全身への広がりを調べる検査を行います。

リンパ腫には非常にたくさんの種類がありますので、検査を行って、まずはリンパ腫であるかどうか、どのタイプのリンパ腫で、進み具合やからだへの広がりがどのくらいかを確認します。

検査の流れ

基本的な検査

問診・触診

どのような症状が出ているかを確認します。
どこに腫れがあるのか、腫れはいつからあるかなどを問診します。また、医師が腫れているリンパ節を直接触って硬さや大きさ、痛みがあるかどうかを確認します。

血液検査

白血球数や、肝臓や腎臓などの機能を調べるほかに、リンパ腫であることの目印(マーカーといいます)となる項目を調べます。

血液検査

確定診断のための検査

リンパ節生検

局所麻酔か全身麻酔をして、腫れているリンパ節やしこりの一部を採取して、組織を顕微鏡でみて調べます。採取した組織を使って、染色体検査や遺伝子検査を行うこともあります。組織検査によって、リンパ腫のタイプがわかります。

リンパ節生検

病気の広がりや進行度を調べる検査

超音波検査 / 画像検査

超音波検査や、レントゲン検査、CT検査、PET検査、MRI検査などの画像検査で、しこりの位置や大きさ、広がりを調べます。

超音波検査 / 画像検査

骨髄検査

リンパ腫が骨髄に広がっているかを調べるために、局所麻酔をして、腸骨(腰の骨)や胸骨(胸の中央にある骨)から針を刺して、骨髄液を採取して調べます。

骨髄検査

その他の検査

お腹の痛みや下痢などの症状がある場合には、内視鏡検査を行います。
このほか、脳や脊髄への広がりを調べるために、腰椎(腰の部分の背骨)の間に細い針を刺して髄液を採取して調べる検査があります。

高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。