1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. 検査・診断・治療:【疾患編】MZLの検査・診断

検査・診断・治療MZLの検査・診断

監修:
愛知県がんセンター 血液・細胞療法部 部長
山本 一仁(やまもと かずひと)先生

辺縁帯リンパ腫の診断のためにはさまざまな検査が必要となります

辺縁帯リンパ腫では、リンパ節の腫れ(しこり)や原因不明の体重減少、高熱、大量の寝汗の全身症状(B症状)などがみられることがありますが、これらは他の悪性リンパ腫や他の病気でもみられることがあります。例えば、リンパ腫のしこりや高熱は細菌やウイルス感染症による炎症でもみられます。 ただし、辺縁帯リンパ腫によるリンパ節のしこりは通常、痛みはありませんが、感染症によるリンパ腫のしこりは痛みがありますので、区別することができます。また、血液検査なども、辺縁帯リンパ腫と他の病気を区別するのに有効です。

基本的な検査

主な項目 確認する内容
問診・触診リンパ節の腫れやその他の症状について調べます。
血液検査
血液細胞の数血液細胞(赤血球、白血球の各タイプ、血小板)の数が、多すぎたり少なすぎたりしないか、また量の変化を調べます。
肝機能検査肝臓や腎臓の機能が低下していないかどうかを調べます。
腎機能検査
乳酸脱水素酵素(LDH)値病気の進行度を調べたり、経過の予測に用いられます。がん細胞の量が多いとLDH値が高くなります。
可溶性インターロイキン-2受容体の値病気の進行度を調べます。値が上昇すると辺縁帯リンパ腫などのリンパ腫を考える指標になります。
ウイルス検査ウイルス感染症や、ウイルスが原因でなるリンパ節の腫れとの鑑別をするために行います。

一方、辺縁帯リンパ腫と他のリンパ腫によるリンパ節のしこりや全身症状(B症状)に違いはありませんので、最終的に診断するためには、腫れているリンパ節や病変の一部を採取して、病理組織を顕微鏡で調べる必要があります。また、病期(ステージ)を判定するために、病気の広がりや進行の程度を画像検査や骨髄検査で調べる必要があります。

専門的な検査 - 病理検査

主な項目 確認する内容
リンパ節生検腫れているリンパ節や病変の⼀部を採取し、異常な細胞がないか、顕微鏡な どで観察します。
免疫学的検査・ 遺伝⼦検査リンパ節⽣検で採取した細胞が、病気に特徴的なタンパク質や遺伝⼦をもっ ていないかを確認します。

診断後に行う検査

主な項目 確認する内容
画像検査CT検査またはPET-CT検査などにより、リンパ節の腫れ、病変の全身的な広がりや内部の病変の有無について確認します。
骨髄検査骨髄に病気が広がっていないかを確認します。

診断後には経過観察、または治療の効果判定のための検査を行います

辺縁帯リンパ腫と診断された場合には、すぐに治療を開始しない場合には経過観察のための検査、治療を開始した場合には効果や副作用を確認するための検査を定期的に行います。
経過観察において病気の進行がみられた場合には治療の開始を検討し、治療効果が不十分であった場合や副作用がみられた場合には、治療の変更の検討や副作用に対する対策を行います。

辺縁帯リンパ腫は3種類の病名に分けられます

リンパ組織は全身に散在しているため、辺縁帯リンパ腫は身体のさまざまな部位で発生する可能性があります。また、がん細胞は発生した場所から広がって、脾臓、骨髄、皮膚、消化管など、全身のさまざまな臓器に入り込むことがあります(これを浸潤といいます)。
辺縁帯リンパ腫は発生した場所によって、「MALTリンパ腫」「脾辺縁帯リンパ腫」「節性辺縁帯リンパ腫」の病型に分けられます。それぞれの病型の特徴は以下のとおりです。

MALTリンパ腫

  • 代表的なものとして、辺縁帯リンパ腫のうちリンパ節以外に発症するものをいいます。
  • 胃MALTリンパ腫や眼MALTリンパ腫があります。
    胃MALTリンパ腫ではピロリ菌の感染が原因になる場合もあり、ピロリ菌の検査を同時に行います。

MALTリンパ腫の治療法はこちら

脾辺縁帯リンパ腫

  • 辺縁帯リンパ腫のうち、脾臓に発症するものをいいます。
  • 脾臓が腫れ、血球が少なくなることがあります。
    また、C型肝炎を合併することがあります。

脾辺縁帯リンパ腫の治療法はこちら

節性辺縁帯リンパ腫

  • 辺縁帯リンパ腫のうちリンパ節に発症するものをいいます。
  • 極めてまれな病型です。

節性辺縁帯リンパ腫の治療法はこちら

MZLに関するウェブサイトはこちらをご覧ください。

高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。