1. りんぱしゅ通信 ホーム
  2. リンパ腫を知る:リンパ腫とは

リンパ腫を知るリンパ腫とは

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院 名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

リンパ腫とは、白血球の中のリンパ球ががん化することでおこる血液のがんです。リンパ球ががん細胞となり、リンパ管を通って全身をめぐりながら、リンパ節や臓器にかたまりをつくってしこりやこぶになります。そのため、一般的にはリンパ節が腫れますが、そのほか胃や皮膚、脳など全身のどこにでもできる可能性があります。

リンパ管は全身に広がっている

人間のからだには、血管のほかに、リンパ管が全身に網の目のように広がっています。リンパ球は、その中を流れるリンパ液の成分で、リンパ管を通って全身をめぐっています。リンパ球には、細菌やウイルスなどの病原体や異物から、からだを守るはたらき(免疫)があります。

リンパ節は関所のはたらき

よくかぜをひいた時にリンパ節が腫れる、痛むといいますが、リンパ管には首やわきの下、太ももの付け根などに、リンパ管の集まったリンパ節があります。リンパ節は細菌やウイルスなどの異物を取り除く、いわば関所のようなはたらきをしています。

リンパ節

首やわきの下、足の付け根などにあるリンパ管の集まり

リンパ節

リンパ腫には
たくさんの種類がある

リンパ球には主に3つの種類があり、それぞれB細胞、T細胞、NK細胞といいます。リンパ球を含む白血球や、赤血球、血小板という血液の成分は、骨の中心にある骨髄というところでつくられる、造血幹細胞という細胞が成長しながら枝分かれしてできたものです。造血幹細胞からリンパ球に成長してくる過程のどこでがんになるか、またそれぞれのリンパ球で種類も異なるため、リンパ腫には非常にたくさんの種類があります。

リンパ球が、がん化する原因については、ほとんどがわかっていません。原因がわかっているのは、成人T細胞白血病リンパ腫などのウイルス感染によっておこるものや、慢性的な炎症が原因でおこるものなど、ごく一部のリンパ腫のみです。

リンパ腫にはたくさんの種類がある
高額療養費制度を知っていますか? 高額療養費制度に関するQ&A 詳しく読む 高額療養費制度に関する「よくあるご質問」をQ&A形式で分かりやすく解説しています。

ご家族のかたへ

ご家族のかたへ

監修:
公益財団法人慈愛会 今村総合病院
名誉院長/臨床研究センター長
宇都宮 與(うつのみや あたえ)先生

大切な人がリンパ腫と診断されたら、ご本人だけでなく、ご家族のかたにも大きな影響を与えます。悲しみや不安を抱えるなか、さまざまな決断をしたり、初めて経験する多くの変化に対処していかなければなりません。今後の療養生活や、ご本人を支えていくうえで重要なポイントを知っておきましょう。